このウェブサイトは横画面には対応しておりません。
スマートフォンの向きを縦にしてご閲覧ください。

2021.08.17 洋菓子

パティシエ・シマ 「焼き菓子」

以前の記事でもご紹介したパティシエ・シマから今回は美味しい焼き菓子をご紹介します。

パティシエ・シマはフランスの一流レストラン「マキシム・ド・パリ」銀座店のシェフパティシエを務め、その後「A.ルコント」に総製菓長として迎えらえ日本にフランス菓子を広めた第一人者アンドレ・ルコント氏の片腕として活躍した島田進氏が東京の中心、麹町に1998年オープンした洋菓子店です。

現在は島田進氏と島田徹氏の両パティシエの作り出すお菓子を購入することができるお店です。

まず「ケークピスタチオ」ですが、非常に軽いふわふわとした食感で、ピスタチオの香りもほんのりと香るケーキで、甘さ控えめの上品な焼き菓子です。

ハチミツマドレーヌ」はコクのある蜂蜜の甘さとバターの香りが相性の良い、優しい味のマドレーヌで、子供から大人まであらゆる世代の方に好かれる味です。

チョコマドレーヌ」はハチミツの方と比べたら大人向けの味で、ブラックコーヒーと一緒にいただきたいような美味しいマドレーヌでした。

ちょっとした手土産として、ご自宅用として美味しい焼き菓子はこちらパティシエ・シマでいかがでしょうか

パティシエ・シマ http://www.patissiershima.co.jp/boutiques.html

「ケークピスタチオ」   270円(税込)

「ハチミツマドレーヌ」「チョコマドレーヌ」 各270円(税込)

                             2021-8-17現在