このウェブサイトは横画面には対応しておりません。
スマートフォンの向きを縦にしてご閲覧ください。

MGVs (マグヴィス)ワイナリー ロゼワイン「マスカット・ベーリーA」

山梨県勝沼地区の日川のほとりにこちらのMGVs(マグヴィス)ワイナリーの醸造所があります。

もともとは半導体の製造メーカーだった会社が新事業として、2016年からワイン事業を始めたそう。ワイン畑は勝沼地区周辺に点在し、勝沼地区、一宮地区、穂坂地区、市町村、山梨県と5つほどの区分に分けられ、それぞれの土地の特徴を生かした、畑ごとのワインを製造しています。半導体メーカーが親会社というのを感じさせる、緻密な計算と体系化によってワインが作られているのが伺い知れます。

ワイナリーもとても素敵な店構えで、現在コロナウイルス対策によってワイナリーの見学はできませんが、ショップは営業中。ぜひこちらも実際に味わっていただきたいようなおしゃれな雰囲気です。

さて、今回ご紹介するのはロゼワインの「マスカット・ベーリーA」。

MGVs(マグヴィス)ワイナリーのワインのラベルにあるアルファベットはKBがありぶどうの品種をあらわしています。Kは白ワイン用ブドウの“甲州”、Bは赤ワインとロゼ用の“マスカットべーリー”をあらわしています。その後に続く数字は栽培地を表しているので、こちら「マスカット・ベーリーA」のB5とは山梨県内産の選りすぐりのぶどうのマスカットべーリーを使用したロゼワインになります。

マスカット・ベーリーA100%のセニエ(ロゼワインの製法)で仕上げたロゼワインで、鮮やかな桜色の輝き、甘い果実の香りと軽やかな酸味、すっきりとした心地よい風味の辛口ワインのピンクロゼです。ぶどう本来の果実味や畑の個性をストレートに引き出すため、ステンレスタンクのみで仕込んであるワインです。

ロゼワインの特徴であるフルーティーな味わいとさっぱりした飲み口、そして深みのある味でどのような料理にも合わせられるワインだと思います。普段あまりロゼを飲まない夫も美味しい!と言っていました。

おしゃれなラベルとロマンティックなピンク色のワインは、バレンタインデーのギフトにぴったり。感謝の気持ちや愛情を確かめながらのディナーのおともにいかがでしょうか?

まだまだ寒い日が続きますが、暖かい愛情あふれる雰囲気の中で、よく冷やしてお召し上がりください。

MGVs (マグヴィス)ワイナリー  https://mgvs.jp

「マスカット・ベーリーA」  2,420円(税込)

オンラインショップで購入可能。

                             2021-2-10現在