このウェブサイトは横画面には対応しておりません。
スマートフォンの向きを縦にしてご閲覧ください。

2021.11.02 洋菓子

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ「リーフパイ」

IL PLEUT SUR LA SEINE(イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ)、フランス語で「セーヌに雨が降る」という意味です。

オーナーパティシエの弓田亨氏が、初めてのフランス研修時、小雨降るセーヌ河岸で、日本に残してきた自分の小さな子供を思い出し、その時の思いを忘れず精神性溢れるお菓子作りをめざし続けるため、自戒を込めた名前をつけたいという事でこの名前にしたそうです。イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのホームページで弓田亨氏のお菓子に対する熱い思いや強い使命感を読んで、感動してしまいました。

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌでは、弓田亨氏が校長を務める料理教室やパティスリーがあり、今回はこちらのパティスリーより「リーフパイ」をご紹介したいと思います。

この「リーフパイ」はザクザクとした口ごたえが特徴で、キャラメリゼされた表面の美味しさは、個人的には一番好みのリーフパイでした。

とても美味しいです。これなら誰に差し上げても恥ずかしくない手土産になるはず。セーヌの雨とはまた違う鮮やかなブルーのボックスも素敵です。

一度は手に取っていただきたいお品物です。

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ http://www.ilpleut.co.jp/

リーフパイ」 

                                        2021-11-2現在