このウェブサイトは横画面には対応しておりません。
スマートフォンの向きを縦にしてご閲覧ください。

福岡空港限定 「纏衣(まとい)ひよこ」

*English follows Japanese.
今回は福岡空港限定の商品をご紹介します。
現在は全国区となっている「ひよこ」も、もともとは福岡県は筑豊飯塚で創業され、今年なんと120周年を迎えたそう。
昭和32年には福岡市に進出し、昭和41年には東京ひよこが誕生したそうです。
そんな誰もが一度は口にした事のある「ひよこ」の福岡空港限定商品はなんと、チョコがけ。
その名も「纏衣(まとい)ひよこ」ですが、あの可愛らしいひよこの姿はそのまま、チョコをまとっている姿はとっても特別感があり、美味しそうですよね。
「ひよこ」の黄色い餡はインゲン豆の餡で、皮は九州産の小麦だそうですが、そんな優しい味の餡と香ばしい小麦の味に意外とチョコの硬い食感や甘さがアクセントとなって美味しく頂けました。
「ひよこ」は緑茶が合いますが、こちらはコーヒーでも美味しく頂けそうです。
金色の和紙の包装も高級感がありつつ、可愛らしい感じでお土産にしたら非常に喜ばれると思います。
福岡に行った時は必ず「ひよこ」を買う!と言う方、ぜひこちらの特別な「纏衣(まとい)ひよこ」を一度手に取ってみてください。
ひよこ本舗吉野堂  http://www.hiyoko.co.jp/news/letter/items/37059
福岡空港限定商品「纏衣(まとい)ひよこ」   3個入り 710円(税別) 

Matoi Hiyoko is only available at Fukuoka Airport.
Hiyoko, which is now known a nationwide, was originally founded in Chikuho Iizuka, Fukuoka Prefecture. And it celebrated the 120th anniversary this year.
The shop advanced to Fukuoka City in 1964 and the Tokyo Hiyoko was born in 1966.
Fukuoka Airport limited edition Hiyoko is coated in chocolate.
The name is called “Matoi(=be clothed) Hiyoko“. And the appearance of that cute chick wearing chocolate is very special and looks delicious.
The yellow colored bean paste of “Hiyoko” is made of kidney bean, and the skin is made of wheat from Kyushu. The crispy testure of chocolate highlightens the tastes of bean paste and wheat.
Normal Hiyoko goes well with green tea, but this product would go well with coffee too.
The golden Japanese paper packaging looks classy as well as cute, and it would be very satisfying if you give it as a souvenir.
Buy a special “Matoi Hiyoko” if you are a Hiyoko-lover!
Hiyoko Honpo Yoshinodo http://www.hiyoko.co.jp/news/letter/items/37059
Fukuoka Airport limited product “Matoi Hiyoko” 3 pieces 710 yen (tax excl.)